2017年8月27日(日)開催 プレワークショップ

写真家 中西敏貴の風景写真講座&作品講評会

写真を始めるにあたって、最も取り組みやすく、実際に多くの方が取り組んでいる「風景写真」。空前の絶景ブームやSNSの影響もあって、風景写真の人気はさらに加熱しているように感じます。風景を英訳すると「LANDSCAPE」。しかし、そこには若干の違和感を感じてしまうのです。世界遺産に登録されているような前人未到の大絶景は、ここ日本にはありません。むしろ、琳派に代表される日本芸術の表現方法を見ているとそこに絶景など描かれていることは少なく、人々の暮らしや身近にある自然をモチーフとして、大きな世界観を描いてきていることに気付かされます。日本人は古来より、自然に寄り添い、控えめながらも凛とした作品を生み出してきたのです。
この講座では、「日常の中に美を見出す」をテーマに写真作品制作に取り組んでいる写真家中西敏貴の「風景写真論」をお伝えしていきます。シャッターを押せば簡単に写真が撮れてしまう今だからこそ、何に心が動き、何にカメラを向けるのかが重要な時代になったといえるでしょう。基本的なカメラの操作が出来、風景写真に真摯に取り組む方であればどなたでも参加していただけます。講座内では作品の講評会も行いますので、どうぞお気軽にご参加下さい。
                                     写真家 中西 敏貴

大阪出身の写真家中西敏貴さんは北海道の自然に魅せられ、ご家族と共に美瑛町に移住されました。以降、たくさんの作品を発表され現在では風景写真家の第一人者として評価されています。中西さんの作品はただの美しい風景写真ではなく、一人の人間としての主観がしっかりと写し込まれ、人の営みを感じる光景もたくさん捉えられています。そして撮影ツアー開催を通じて写真の楽しさを伝えるとともに写真家としてのマナーを指導し、風光明媚な土地を守るための活動も続けています。
この度、Abox Photo Academyの活動にご賛同いただき、中西敏貴さんの講座を開催するはこびとなりました。北海道の大自然を相手に制作活動をなさっておられますので不定期の開催ではありますが、風景写真に興味にある方にとっては貴重な機会となることは疑いようがありません。今回は写真展にために上京なさるタイミングを利用して、プレワークショップを開催いたします。皆様奮ってご参加ください。
                             Abox Photo Academy 塾長 高崎 勉

日時

8月27日 (日)13:00~17:00頃

開催場所

Abox Photo Academy 本部事務局(横浜市都筑区)セミナールーム

講師

中西敏貴

受講料

5,000円(税込) 当日会場にて現金でお支払いただきます。

持ち物

講評のための作品をご持参ください。(聴講のみの参加も可)
A4サイズ以上 5枚以内
※ご自身でプリントが難しい方はこちらでプリントも出来ます。(A4サイズ1枚500円)
その際事前にお写真のデーターをメールにて添付して下さい。
送っていただくデーターはA4プリントサイズでも問題のないサイズにてお願い致します。
(申込み時にお問い合わせ欄にプリント希望と記載下さい。)

募集要項

募集人数:15名
お申し込み締切り日 2017年8月20日

※ 2017年8月2日21:00 定員に達しました。このあとのお申し込みについては、聴講のみ(写真講評なし)10名追加募集いたします。